takasu

プロカメラマン 高巣秀幸

1969年10月17日福岡県北九州市小倉南区生まれ
北方小学校4年生の時に初恋、5年生でカメラと出会い写真を愛する。
その後、名古屋市で会社勤めをしながら独学で写真を学び
29歳の時、会社を辞めフリーカメラマンになる。

女性がよりきれいになる写真、「キレイに撮る、ではなくキレイになる写真」
それが、写真家高巣のライフワークです。

プロカメラマン歴20年になりましたが、たくさんの方々から幸いにも支持を頂きながら
記念写真から広告写真まで福岡を拠点に活動しています。

今この時代、写真で人類の未来は変わると思っています。
「写真はその瞬間の未来」

撮影以外にも、写真講座の講師として写真の楽しさや写真の大切さを伝える活動にも力を入れてます。